高校生のための英語学習法とは、学校での成績を上げて受験に成功するための学習法です。

したがって、英語が話せるようになるわけではありません。

その是非とは関係なく、英語学習法を考えてみましょう。

受験のための英語ですから、目的がはっきりしています。

まずは、教科書やテキストをしっかり活用することです。

英単語、文法、構文等覚えなければならないことはたくさんあります。

辞書を引いて調べる習慣も付けなければなりません。

覚えている単語の数が増えることによって、学習はどんどんはかどります。

調べる時間が少なくなるからです。

ただ、その域になるまではじっと我慢しなければなりません。

また、学年別の教科書の活用の仕方ですが、闇雲にするのではなく自分がどの当たりまで理解しているかを判断することが大切です。

あなたがすでに3年生であっても、1年からの教科書をもう一度見直してみましょう。

知らない単語がないか、意味を十分わかっているかを確認するのです。

自分のレベルに合わせて、教科書を開くようにしましょう。

単語はひたすら覚えることが大切です。

繰り返すことで人は覚えていきます。

もちろん、たくさんの単語がありますから、覚えながら忘れていくことになります。

効果的な学習法としては時間を制限して覚えることが大切です。

漫然と覚えるのではなく、例えば、10分で10個の単語を覚える努力をするのです。

その努力が脳の働きを高めてくれます。

教科書を見ながらでも、寝転がっても構いません。