英語を学習している学生はいくつかの参考書を購入しているでしょう。

学校で指定されたものや、友達が使っていてよさそうだと思ったものを購入します。

英語学習法は人によってかなり違います。

どれがいいと言うわけではありません。

自分の生活スタイルに合わせた学習法がいいと思います。

さて、英語の参考書はどうでしょうか。

インターネットにはランキングなどが掲載されていますが、自分で確認することが大切です。

英語と一口に言っても、幅はかなり広くなります。

代表的なものとして英単語の暗記、英文法、リスニングなどがあります。

おすすめの参考書はアクティブ英単語でしょうか。

これは英単語を覚えるための参考書です。

最近はiPhoneなどを活用して単語を覚えている学生も少なくないでしょう。

ただ、紙の本には脳を活性化するための仕組みがあると言われています。

指でページをめくることで英単語が記憶に刻まれていくのです。

これらは受験のための英語学習法です。

これで日常会話ができるようになるわけではありません。

日本の英語教育を批判する人たちも少なくありませんが、受験のためにはどうしても必要な学習法なのです。

英単語を覚える時に自分で単語帳を作成したことがある人は少なくないでしょう。

書いて、目で見て、声に出して単語を覚えていくのです。

記憶の仕方は人によって異なります。

参考書も自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめと言われている参考書を実際に手に取ってみることが大切です。