英語学習法で一番わかりにくいのはリスニングでしょう。

最近の英語のテストにはリスニングが出てくるようになりましたが、どのような学習法をすればいいのでしょうか。

これまで日本人は書くこと、読むことに主眼を置いた英語学習法を習ってきました。

英語が話せるようになりたいと思っていても、ほとんど話すことはできなかったのです。

独学や英会話教室に通って、英語を話せるようになる人も少なくありません。

それでは現代の学校で習うリスニングの学習法はどうすればいいのでしょうか。

きちんと発音をして、しっかり聞き取ることに一生懸命になりすぎるために、リスニングを敬遠してしまっていると言われています。

リスニングに対する考え方を変える必要があります。

英語はコミュニケーションの道具ですから、話したり聞いたりすることが目的ではありません。

コミュニケーションが取れればそれで目的は達せられるのです。

極端なことを言えば、文法など知らなくても、身振り手振りと単語だけでコミュニケーションは可能です。

真剣に取り組むのではなく、適当にリスニングをすることが結果的に効率的な学習法になると考えている人もいます。

これは、重要なことです。

すべての単語を聞き取るのではなく、ポイントだけを聞いておけば、大体の意味がわかるのです。

日本人の場合は、聞いた言葉を頭の中で文章にしています。

そこで文法的に合っていないと意味がわからないと判断してしまうのです。

これからは重要な単語だけを聞く習慣をつけましょう。