TOEICは世界共通の採点法を取り入れた英語の試験です。

TOEICでどれだけの点数を取ったかで、英語力がどの程度かを判断することができます。

TOEICでは文章力よりも会話力に重点が置かれています。

つまり、英語圏でどの程度会話をすることができるかの目安とするのです。

英語を使用して仕事をする場合には、その採用試験などでTOEICの点数が重要な意味を持ちます。

TOEICの試験は年齢に関係なく受験することができます。

そして、実力に応じた点数で評価されるのです。

英語の世界で働きたいと考えるならば、TOEICの点数を上げておくことが大切です。

そのためにTOEICに適した学習法が考え出されています。

もちろん、これは経験に基づいた学習法ですから、TOEICと英語会話の是非を考えているわけではありません。

しかし、試験があると言うことは、それに対する傾向と対策が学習法となることは必然的なことなのです。

英語が得意な人はTOEICでいい点数が取れるかと言うと、必ずしもそうではありません。

TOEICの特徴を知っている人がいい点数を取ることになります。

ただし、低いレベルから始めている人は、効果的な学習をすることによって、ある程度までのランクには到達するでしょう。

しかし、上位の点数レベルになってくると、簡単にそれ以上の点数を取ることは難しくなります。

何度トライしても、ある点数で頭打ちになってしまう人も少なくありません。

TOEICの試験は990点満点です。

世の中には英語が得意な人がいます。

満点を取った実績を持っている人もいるのです。