大学受験で悩んでいる人は少なくありません。

英語で言えば、単語が覚えられない、長文の意味を理解できない、試験時間が短すぎる、学習法がわからないなどです。

このような悩みを抱えている受験生はどのような学習法をやっているのでしょうか。

何の学習もせずにやり方がわからないと言っているのであれば、問題外でしょう。

受験生である意味がありません。

まずは自分で努力してみて、どうしても先に進めなくなった時に初めて悩みが出てくるのです。

単語が覚えられないと言う人は英単語を覚える努力をしていません。

誰でも一度聞いただけで覚えられるわけはありません。

繰り返し覚える努力をしているのです。

単語を覚えるための学習法は単純です。

回数を増やすことだけなのです。

学習に充てられる時間には制限がありますが、1日24時間は変わりません。

空いている時間を如何に有効に活用するかが重要となります。

これから大学受験に向かおうとしている人は、自分が学習をしなければならないと言うことを自覚しましょう。

効果的な学習法がないわけではありませんが、そのためには自ら学習する意思が必要です。

覚えようと意識しなければ、どのような学習法を実践しても覚えることはできません。

多くの人が自分の経験を基に、英語学習法を考案しています。

その人と同じ意識レベルに立たなければ、学習法の効果は得られないことを理解しましょう。

何はともあれ、学習机に向かって英語の学習を始めましょう。