初心者は英語学習法がわからないでしょう。

英語の学習と言っても中学などで習ったことは大人になって役に立つわけではありません。

ただ、大多数の人が英語を話せなくても、生活に支障はありません。

したがって、英語学習法が必要になるのは、英語を話したいと言う気持ちが高まっているからなのです。

もちろん、仕事でどうしても英語を学ばなければならない状況が発生するかもしれません。

日本人は学校で英語を学んでいますが、アメリカでは子どもさえ話す言葉がわからないとよく言われます。

それは正しいのですが、日本の英語教育が間違っているからと決めつけることはできません。

学習の目的が違っているからです。

初心者だと自覚している人は、学校の英語の成績が悪かったのでしょう。

心機一転でこれから英語を学ぶ姿勢が大切です。

学校で学んだことをきれいさっぱり忘れることですね。

英会話では文法よりも、その場面での言葉を大切にします。

コミュニケーションの手段として言葉があるのですから、文法の試験をしているわけではありません。

そこのハードルが日本人には高く感じられるのです。

初心者の方が英語の上達は早いのではないかと思います。

変な知識を持っていないため、理解が早くなるのです。

インターネットを使えば、気軽に英語のリスニングができる時代です。

英語を3か月でマスターすることも、嘘の話ではありません。

初心者だからと言って、英語を恐れる必要はありません。

積極的に話すことができれば、簡単に身につきます。