外国の映画を観るのが好きな人には映画で英語を学ぶ学習法をお勧めしましょう。

身近な英語教材として映画があるのです。

わざわざ英語の教材を購入する必要はありません。

レンタルビデオ屋さんで借りてもいいですが、デジタルテレビなら副音声で英語が流れているはずです。

ストーリーがわかっている場合は、俳優さんがどのようなことを話しているのか理解できています。

それを英語で聞き流すのです。

日本人が英語を聞くことができない理由の一つに、聞いた英語を頭の中で文章に書いているからです。

言葉は生き物ですから、いつでも正しい発音、正しい文法とは限りません。

日本語を私たちが話している言葉をじっくりと聞いてみるとわかります。

文法的に間違っていても、その場の雰囲気でコミュニケーションは取れているのです。

好きな映画を英語音声の字幕なしで見る習慣をつけてみましょう。

そうすることで、この場面ではどのような言葉がいいのかわかってきます。

同じシーンでも違う言葉もあるでしょう。

主演の口癖の言葉などを真似してみましょう。

日本語訳ではどのようになっているかを振り返ってみるといいでしょう。

吹き替えでは意訳されることが多いですから、元の文章とかなり違うかも知れません。

それでもストーリーとしては全く問題ありません。

つまり、英語を話すと言うことは日本語をそのまま英語に訳すことではありません。

文法にこだわる必要はないのです。

単語だけで意味が通じる場面も少なくありません。

気軽な学習法です。