中学生にとって英語学習法はよくわからないことばかりでしょう。

初めて学校で英語を習う人も少なくありません。

したがって、学校で教わった学習法が英語の学習であると思い込んでしまいがちです。

しかし、学習塾などに行けば、それが正しかったのかどうかを考えるきっかけになります。

もちろん、学習塾ですから、学校で習う学習の補完を目的としたものとなります。

学校での英語の授業が面白くないと感じているなら、学習塾に期待するのは難しいでしょう。

英語学習塾の看板に英語が話せるようになると言うフレーズを目にすることがあります。

学校で習っている学習法では英語を話せるようになるのは難しいでしょう。

したがって、学習塾で英語が話せるようになるには学校では習わないことを学ばなければなりません。

それでは学校の成績が上がる保証がありませんから、学習塾は自己矛盾をはらんでいることになるのです。

もちろん、それでも現実的には問題は発生しません。

そこまで考えて学習塾に通っている人はいないからです。

しかし、将来は英語関係の仕事につきたいと考えているならば、英語学習法について真剣に考える必要があります。

人から教えてもらうことを待っているのではなく、自分で学習法を探すのです。

どのような方法がいいのかはわからなくても、試行錯誤することによって体が覚えていくことでしょう。

英会話とは頭で話すのではなく、口と体が自然に言葉となっていなければならないのです。